TUFO  クリンチャー・チューブラーは 素晴らしい走行感!

P7140103.JPG

        TUFOの クリンチャー・チューブラー!!

       クリンチャーのホイールチューブラータイヤが付けれます♪

          ‥以前から存在していましたが‥キワモノ的印象で食指が動かなかった

    が  しかし  これが 実はとってもオススメ!!!  関連記事はコチラ。

P7140101.JPG 

 

★ なんで そんなに オススメかっ!

 

 

オススメポイント 1 

走りだしてすぐ感じるチューブラー独特の

  真円度 ♪  まさにホントの円!

クリンチャー全盛の現代でもチューブラー愛好者

が 多いのも頷けます。

  兎に角、滑らかな回転フィール♪

 

 

   オススメポイント 2    

     競技者の多くがチューブラーを決戦タイヤに選ぶ一因に 

    バースト時の安全性があります。

       もし コーナリング最中にバースト【急激に圧が抜けるパンク】した場合

                       クリンチャーは即転倒ですが  

       チューブラーには 転倒せずに停車出来る可能性があると言われています。

 

   オススメポイント 3 

    勿論 チューブ込みの重量【200g~270g】  で軽い!

    

   オススメポイント 4

     リムセメントが不要!  リムテープも不要! タイヤレバーも不要!

 

   オススメポイント 5

  慣れれば クリンチャーより 装着&取り外しは簡単です。

 

   

   リムにタイヤビートを嵌める感触は 冷蔵庫で食品を保存する【ジップロック】に似てます。

 

     お値段のほうは 5775円からです。 チューブも込みで考えればまあ現実的な価格。

 

  志木店 導入2週間で 7人のお客様が装着され すべての方が

    その素晴らしき走行感に御満足されました。

 因みに 空気圧は 7気圧~15気圧指定です。

   体重67kgのお客様でテストしましたら‥‥

10気圧   『跳ねてしまう 硬すぎ』

 9気圧   『抵抗少ないが まだ硬い』

 7気圧   『腰砕けになる  チューブラーの良さが薄くなる』

 8気圧   『ちょうど良い! 真円感じる♪』

 

    7.5~8.5気圧 がよろしいようです。

 

  欠点はね‥‥スペアタイヤを持つとしたら 少々 荷物がかさばります。

 

     でも 後悔しません  オススメです。    by野澤

前の記事へ

次の記事へ